馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 京都

マヤノトップガンが老衰で死す 1995年有馬記念などG1・4勝

マヤノトップガン
マヤノトップガン

 1995年の有馬記念などG1を4勝し、同年のJRA賞年度代表馬、最優秀3歳牡馬に選出されたマヤノトップガン(牡27歳)がけい養先の北海道新冠町・優駿スタリオンステーションで老衰のため11月3日に死んだ。5日にJRAから発表された。

 同馬は父ブライアンズタイム、母アルプミープリーズ(母の父ブラッシンググルーム)の間に生まれた栗毛の牡馬で、坂口正大厩舎から95年1月にデビュー。その年の菊花賞を当時のレコードタイムで制し、続く有馬記念も勝つと、その年のJRA賞年度代表馬、最優秀3歳牡馬(2000年以前は最優秀4歳牡馬の名称)に輝いた。

 4歳時には宝塚記念でV。5歳時には天皇賞・春をレコードで制覇。その後、左前脚に浅屈腱炎を発症したため現役を引退し、種牡馬入りした。

 引退後は優駿スタリオンステーションにおいて種牡馬として供用開始。ステイヤーズSなど重賞2勝のチャクラ、東海Sなどダート重賞5勝のメイショウトウコンを送り出した。種牡馬引退後も同所にて繋養されていた。

 通算成績は21戦8勝。総獲得賞金は8億1039万円。主な勝ち鞍は95年菊花賞・G1、同有馬記念・G1、96年宝塚記念・G1、97年阪神大賞典・G2、同天皇賞(春)・G1。馬主は田所祐氏。

 株式会社優駿は「27歳になり、今年になってだんだん体の張りがなくなり、年を取ったように感じていました。11月3日の夕方から体調を崩し、午後6時に安らかに息を引き取りました。ケガや病気はなく、立ち会いの獣医師によりますと、高齢による老衰とのことでした。長く種牡馬として活躍し、重賞勝ち馬も数多く出してくれました。功労馬として余生を過ごし、ファンにとても愛された馬でした」とコメントを発表した。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請