ケニー・オメガ、5年ぶりのDDT凱旋で勝利飾る「これからどうなるんだろう」

里歩とのタッグでアントーニオ本多を攻めるケニー・オメガ(右)
里歩とのタッグでアントーニオ本多を攻めるケニー・オメガ(右)

 元IWGPヘビー級王者で、現在は米AEWに所属するケニー・オメガ(36)が3日に東京・両国国技館で開催された、古巣DDTプロレスリングの「Ultimate Party 2019~DDTグループ大集合!~」に5年ぶりに参戦。見事“凱旋”勝利を飾り、再出場へも意欲を見せた。

 ケニーはセミファイナルでAEW女子王者の里歩(22)とタッグを組んで、アントーニオ本多(41)、山下美優(24)組と対戦。本多のトリッキーな攻撃、山下の蹴りに手を焼いたが、最後はVトリガーから必殺の片翼の天使を本多に決めて、完全無欠の3カウントを奪った(21分22秒、片エビ固め)。

 マイクを持ったケニーは「アントンさん(本多)は相変わらず強かった。山下も強くなった。今日は本当に楽しかった。AEWに入った。これからどうなるんだろう。よくわからないけど、機会があればまた出たい。ここにいるファンがDDTに来てくれてうれしかった」と満面の笑み。

 バックステージで、「これはDDTスタイル。ほかの団体にはできない。試合をしながら全部が懐かしい気がしました」と話した。

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請