東海大の選手層 東京国際大は序盤に期待…箱根駅伝展望

優勝し記念写真に納まる東海大の(前列左から)小松、西川、塩沢、西田、(後列左から)両角監督、市村、郡司、松尾、名取
優勝し記念写真に納まる東海大の(前列左から)小松、西川、塩沢、西田、(後列左から)両角監督、市村、郡司、松尾、名取

◆秩父宮賜杯 第51回全日本大学駅伝対校選手権(3日、名古屋市熱田神宮西門前~三重・伊勢市伊勢神宮内宮宇治橋前=8区間106・8キロ)

 学生3大駅伝第2戦は、東海大が5時間13分15秒で16年ぶり2度目の優勝を果たした。黄金世代と呼ばれる4年生のエース格を欠いたが、アンカーの名取燎太が8区日本人歴代5位をマークしてMVPを獲得するなど“3年生3本柱”が好走。箱根駅伝(来年1月2、3日)連覇へ、勝利の方程式を導き出した。連覇を狙った青学大は2位、出雲駅伝からの連勝を目指した国学院大は7位だった。(天候晴れ、気温14・4度、湿度81%、北北西の風2・0メートル=スタート時)

 文字通り「山あり谷あり」の10区間217・1キロ。長く険しい箱根路で戦うために必要な4大要素は「エース」「山」「選手層」「ロード適性」だ。加えて各チームの強みが求められる。

 数値化すると、優勝争いは5強に絞られるが、東海大が一歩だけ抜け出している。黄金世代+3年生3本柱で選手層は充実。山上り5区には前回2位の西田が万全。全日本8区で快走した名取がエース区間で戦えるめどが立ったのも大きい。

 青学大はロード適性、駒大はオールマイティーの能力、東洋大はエース相沢の攻撃力、国学院大は前回5区1位・浦野の爆発力で東海大に対抗する。

 帝京大は序盤、レースの流れに乗るためにエース力が欠けるが、選手層は厚い。対照的に2人のケニア人留学生(出場は調子がいい1人)と全日本2区区間賞の伊藤を擁する東京国際大は序盤トップを走る力を秘める。法大は春シーズン、絶好調ながら現在は体調不良に苦しむエース佐藤敏也の復調が待たれる。

 ただ優勝、シード権争いは大混戦。5強の一角でも大きなミスをすれば、直ちにシード圏外にはじき飛ばされるだろう。令和最初の箱根路は苛烈な戦国駅伝となる。(達)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請