May’n、デビュー15周年にアコースティックライブツアー決定「音楽人生を楽しんでいきたい」

ライブツアーを完走したMay’n
ライブツアーを完走したMay’n

 歌手のMay’n(30)が3日、愛知・名古屋日本特殊陶業市民会館で「May’n Hall Tour 2019『chord G/D』」のツアーファイナルを行った。

 30歳初となるライブが、地元・名古屋ということもあり、気合十分なMay’nは「地元名古屋!ただいま!!」と観客の声援に応えた。大塚愛から提供された楽曲「stair」、11月20日にリリースする18枚目のシングル収録のカップリング曲「涙の海を東へ」など計20曲を熱唱。「今年はたくさんライブハウスツアーをしてからのホールツアーだったのですが、『もっとたくさん周りたかった!』と思えたホールツアーでした」と感謝した。

 今公演では、2020年1月に日本とアジアで開催されるアコースティックライブツアーが告知された。デビュー15周年の節目の公演に「変わらないもの、変わったもの、変わりたいもの、たくさんあります。これからの音楽人生も変わらないわたしで、まだまだ変わっていきたいと思います!」と宣言。「まだまだたくさんのチャレンジを続けながら音楽人生を楽しんでいきたいです!」と意気込んだ。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請