大地真央、代表作の音楽劇初日「より深みが出た」酒豪の三味線芸者役を好演

初日終演後に会見した(左から)佐藤B作、久保田磨希、横内正、未沙のえる、大地真央、温水洋一、矢崎広、中島亜梨沙
初日終演後に会見した(左から)佐藤B作、久保田磨希、横内正、未沙のえる、大地真央、温水洋一、矢崎広、中島亜梨沙

 女優・大地真央(63)が3日、東京・明治座で主演舞台「ふるあめりかに袖はぬらさじ」(原田諒演出、27日まで)初演後に取材に応じた。

 原作は、幕末の横浜を舞台にした有吉佐和子氏の名作で17年初演。展開のテンポも良い音楽劇に仕上がっており、観客を笑わせて泣かせる芸域の広い大地が本領を発揮。「早くに再演が決まったのはうれしい。出演者は半分くらい変わったが、より深みが出たものになっていると思う」と自信をのぞかせた。

 演じている情に厚い三味線芸者・お園役については「とにかく、おしゃべりでのんべえな役。やればやるほどおもしろい。大切に演じたい。すべて役として演じており、自分の素の部分は一切含まれておりません」。実際に三味線も弾いており、当たり役により磨きをかけるつもりだ。この日は「文化の日」だったが、カーテンコールのあいさつで“文化”を堪能できたか、客席に問いかける場面も。「明日の活力源になるような舞台です」と強調していた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請