嵐、楽曲の世界配信など今後の活動を発表 相葉雅紀「みんなで世界中で嵐を巻き起こしましょう」

会見を行った嵐(左から)二宮和也、相葉雅紀、松本潤、大野智、櫻井翔
会見を行った嵐(左から)二宮和也、相葉雅紀、松本潤、大野智、櫻井翔

 人気アイドルグループ「嵐」がCDデビュー記念日となる3日、都内で「今後の活動」についての会見を行った。この日から公式ツイッターなど5つのメディアでSNSを解禁し、9日から先行配信していた「A・RA・SHI」など5曲を含むデビューからの全シングル64曲、新曲「Turning Up」の世界配信をスタートする。相葉雅紀(36)は「僕らとみんなで世界中で嵐を巻き起こしましょう」と呼びかけた。

 SNSのアカウント開設は、ジャニーズ事務所の所属グループとして初めて。櫻井翔(37)は「各グループの思いもある。他がやるべきだとは思わないけど、20周年のタイミングで、後輩たちに残せるものもある。少しドアを開いておくという感じです」と説明した。来年末でグループは活動休止となるが、アカウントについて、松本潤(36)は「SNSの期限は決まっていない」とした。

 ほかに来年5月15、16日に新国立競技場、また来春に中国・北京公演(詳細未定)を行うことなどを発表。国立競技場では06年から改修工事前の13年まで6年連続でライブを行っていた。櫻井は「いわば夢の舞台。あそこでの景色は特別。一緒に見てもらいたい」と語った。海外公演は、デビュー15周年だった14年の米ハワイ公演以来、中国公演は08年の上海大舞台公演以来となる。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請