佐藤仁美、結婚後初めての公の場で祝福の嵐「ハートにコミットして結婚できました」

特別審査員として登壇した佐藤仁美とスクワットを披露した大村崑
特別審査員として登壇した佐藤仁美とスクワットを披露した大村崑

 女優の佐藤仁美(40)が2日、千葉・舞浜アンフィシアターで「RIZAP(ライザップ) ボディメイクグランプリ 2019 ファイナル」に特別審査員として出席。10月に俳優の細貝圭(35)と結婚した事を祝福され「(旦那の)ハートにコミットできました」と幸せオーラを振りまいた。

 結婚後初めての公の場となった佐藤には、登場と同時に観客から「結婚おめでとう」の声が飛び交った。司会者のかけ声に合わせて、改めて会場中の声が一つになって祝福されると赤面。手でひたすら顔をあおいでいた。

 2年前からライザップに通い始め、昨年には12・2キロの減量成功を報告。ダイエットを始めたきっかけを聞かれると「モテたかったから」と直球で答え、「きれいになれるきっかけを作ってくれて、結婚という新しいスタートも与えてくれた。まさにライザップ婚です」と満面の笑みを浮かべた。

 特別審査員には俳優の大村崑(88)も登壇。1年半前からライザップを始め、3か月で5キロ痩せたと話し、「最初は筋肉痛がひどくて、特にスクワットがつらくて嫌でした」。ただ、今ではその痛みすらもうれしいようで「筋肉痛が欲しくて、家でもトレーニングしてしまう」と、スクワットを披露した。

 大村はあまりにも短期間に痩せすぎて「色々な人に『病気かも知れないから病院に行った方がいい』と言われた」と笑わせ、「これからもずっとトレーニングしていきたい」と体形の維持を誓った。

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請