馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 京都

一度使って(栗東)

 こんにちは、山本です。今日は京都競馬場からのパッチパチ。ではでは、行ってみましょうか♪

 さて、つい先日のこと。久々に実家の大分県に帰省したんです。すると、微妙ながら確かな変化にびっくりしまして、ですね。それが大分駅前にある大きな空き地のような広場に各国の大きな国旗が掲げられていること。そう、実は大分県、ラグビーW杯の試合が行われていたんです。しかも、イングランドとオーストラリアの準々決勝など実にいい試合が行われていたりする。大分駅のエスカレーター脇には「一生に一度が大分に!」と書かれたポスターがずらり。ということで、街もすっかりW杯モードなんです。

 一生に一度が大分に―。なるほど、これはいいキャッチフレーズだなと思います。ただ、先日だったか、W杯の再招致、20年以内にというニュースが…。最初はこんなに早く…、と思いましたが、この大会にしても日本代表の大奮闘があったとはいえ、大会前には考えられないほどの盛り上がり。やっぱり、そのスポーツを知るのはライブで体感するのが一番です。まぁ、今度は還暦を超えているかもしれませんが、再びライブで楽しめる日を楽しみにしています。

 ということで、本日の決勝戦を全力で楽しもうと思いつつ、そろそろ本題へ。今日も明日の競馬を中心に見ていきましょう。

 明日の注目は東京8Rの百日草特別ですね。ワタクシが何度かハイレベルな新馬だと書いてきた札幌記念デーの芝2000メートルを勝った【ホウオウピースフル(牝、父オルフェーヴル)】のレースぶりが気になりますが、関西から遠征する【ヒシタイザン(牡、父ダイワメジャー)】も面白そう。初戦の勝ちっぷりが非常によかったですからね。「調教で乗っていて、トモが良化した面は感じます。ヨーイドンの競馬よりも、道中は流れてほしいですね」と高野助手。少頭数ながら、中身の濃い一戦を期待です。

 さて、ここからは当ブログOB、ガッポ内尾先輩からの情報提供です。藤原英厩舎で来週デビューする3頭の情報から。まずは秋華賞馬を母に持ち、来週の京都ダート1800メートルでデットーリJが騎乗する【カイザーライン(牡、父エピファネイア、母アヴェンチュラ)】です。「順調に乗り込めて、締まってきた。攻め馬の量は足りている。筋肉質な馬。素軽さもあるけど、パワーもあるのでダートは合うと思う」と荻野助手は話しているようです。

 続いては京都芝1800メートルで、同じくデットーリJが騎乗する【ストーンリッジ(牡、父ディープインパクト、母クロウキャニオン)】です。この血統、POGでは常に要注目ですよね。今年ももちろん、オーナーは金子真人HDさんです。「注意力が強く、気の小さな面はあるけど、センスのある走りはする。走ってきそうな感じはある」とのこと。初戦からという感じではなさそうですが、この血統はとにかく走ってきますからね。

 あとは東京のダート1600メートルの新馬に使うのが【ナイルリバー(牡、父American Phroah、母Jeweliana)】です。鞍上はスミヨンJ。そのスミヨンJは今週の追い切りでいい感触をつかんだようで、「何とか一発目からいい競馬を」と荻野助手は期待しているようです。ここまで、ガッポ先輩情報でした。

 友道厩舎のお話も少々。今週のみやこSに出走するアドマイヤビクターの併せ馬の相手だったのが、来週の黄菊賞に出走する【ポタジェ(牡、父ディープインパクト)】。この馬、正直デビュー前はそんなに目立ってなかったんですが、今週の動きが実に伸びやかでいい動き。「使って、良くなってきた感じですね。確かに動けるようになってきました」と友道調教師も良化を感じている様子。一気の相手強化となりますが、楽しみになってきました。ちなみに先週の新馬で2着だった【フライライクバード(牡、父スクリーンヒーロー)】は京都3週目の芝1800メートルを福永Jで予定しています。

 あとは音無厩舎。「見てみろ、初めての時計でなかなかいいだろ」と音無調教師に時計を見せてもらったのが【ダノンセレスタ(牡、父ハーツクライ、母セレスタ)】。確かに坂路で最後までしっかりとまとめた時計を出しています。担当の平井助手は「トモのあたりはまだまだですよ」と言ってましたが、音無調教師の評価はかなり高そう。早ければ今月中の京都でのデビューも視野に入れているようです。あと、生野助手が「今週1本目で、楽にいい時計が出たんです」と話す【ヴィネット(牝、父ロードカナロア、母シャルマンスタイル)】も陣営の評価が高い一頭ですね。秋に一度、放牧へ出された【ヴァーダイト(牡、父ディープインパクト、母クリソプレーズ)】は次の阪神開催あたりになりそうです。

 では、ネット限定「厳選馬」なんですが、実は本日の紙面のコラムに長々と理由を書いてしまったので、今日は馬名だけ。東京9Rの13ルプリュフォールです。続いては馬券王への道 延長戦でございます。

京都7R・12ウインヒストリオン(差す競馬が徐々に実を結びつつある。そろそろ)

京都11R・4アングライフェン(以前ほど、しまい一辺倒ではなく、位置を取りにいける。今は調教も動くし、具合がいい)

東京11R・6ポポカテペトル(前走のような小回りは不向き。ここ2週は「これまでにないほど」(友道調教師)動いている。変わるならここ)

 今日はここまで、また次回です。ではでは

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請