アルバレス、計量一発クリア 2階級上の王者コバレフは4度目でパス…WBOライトヘビー級王座戦

スポーツ報知

◆プロボクシング ▽WBO世界ライトヘビー級(79・3キロキロ以下)タイトルマッチ12回戦 王者セルゲイ・コバレフ―挑戦者サウル・アルバレス(2日、米ネバダ州ラスベガス MGMグランド・ガーデンアリーナ)

 2日(日本時間3日)に米ラスベガスで開催されるWBO世界ライトヘビー級タイトルマッチの前日計量が1日(同2日)、当地で行われた。WBAスーパー、WBCフランチャイズ世界ミドル級王者で挑戦者のサウル“カネロ”アルバレス(29)=メキシコ=は79・1キロで一発クリア。王者セルゲイ・コバレフ(36)=ロシア=は4度目の計量でリミットの79・3キロでパスした。

 ライトヘビー級より約7キロ軽いミドル級を主戦場にしてきたアルバレスは、引き締まった表情で計量を終えた。一方のコバレフは最初の計量で1ポンド(約453グラム)オーバーの79・8キロ。3度目は全裸になったが、79・4キロと、まだ100グラム多かった。トイレで用を足して十数分後、4度目にトライし、ようやく合格した。

 海外の報道によれば、コバレフには試合当日朝の時点の体重がリミットの79・3キロから4・53キロ以内の増量制限の契約が課せられているという。制限を超えた場合は多額の罰金を支払わなければならないが、コバレフは過去に試合当日に8キロ以上増量したことがあるため、当日の計量も大きな試練となりそうだ。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×