【日本ハム】中島、FA権行使せずに3年契約で残留を表明「このチームでもう一度優勝したい」

千葉・鎌ケ谷の球団施設で、FA権を行使せずに残留を表明した日本ハム・中島
千葉・鎌ケ谷の球団施設で、FA権を行使せずに残留を表明した日本ハム・中島

 日本ハムの中島卓也内野手(28)が1日、今季取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使せず、来季からの3年契約で残留すると発表した。この日、千葉・鎌ケ谷の球団施設で会見に臨み、「今回、FA宣言せずに残留することが決まりました。これまで考えて悩んだので、まずはホッとしたというか、気持ち的に楽になった感じがします」と語った。

 球団とは複数回の交渉を行い、宣言残留も容認されていた。「他球団の方の話を聞きたいというのもある」と語るなど、権利行使を熟考してきたが、「最終的にはチーム、球団や周りの方々から残ってほしいという言葉をもらって、素直にうれしい気持ちがありました。そして、このチームでもう一度優勝したいという気持ちがあったので、その中で残留決定につながった」と明らかにした。

 今季は120試合の出場で打率2割2分、16打点、12盗塁と昨季の成績を下回ったが、持ち前の堅守は健在。選手会長を務めるなどチーム内での信頼も厚い。「今年は思うようなプレーができずに責任も感じていて、優勝できなかったという一番悔しいシーズンだった。来年優勝に貢献できるように、またもう一度レギュラーを取りにいきたいと思うので、優勝目指して頑張りたい」と、チームの中心として4年ぶりのリーグV&日本一へ全力を尽くす覚悟を示した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請