【DeNA】ドラ1森敬斗、背番号「6」 遊撃スター候補に球団20年ぶり高卒新人1ケタ 

 DeNAがドラフト1位の桐蔭学園・森敬斗内野手(17)に背番号「6」を提示することが有力となっていることが31日、分かった。球団で高卒選手が1年目から1ケタを背負うのは1999年ドラフト1位の田中一徳の「9」以来20年ぶり。将来の正遊撃手を目指す森への大きな期待の表れとなる。

 スター候補にふさわしい番号だ。森にとって桐蔭学園でも2年秋からずっと背負ってきたなじみある数字。他球団を見渡せば、巨人・坂本勇、ソフトバンク・今宮、西武・源田、過去にはヤクルト・宮本、中日時代の井端らレジェンド級のショートの番号だ。DeNAでは過去には多村(04~06年)らがつけ、白崎がオリックスに移籍した18年途中から空いていた。

 ドラフト会議の翌日にはラミレス監督が指名あいさつ。「スピード、打撃、パワー、肩、守備全てがいい。球団OBの石井琢朗さんに似たタイプで名球会に入る能力がある」と絶賛されていた。まずは2軍でじっくりと育成していく可能性が高いが、森は「1年目から1軍で出場したい」と意欲十分。大きな期待にふさわしい「6」を背負い森がプロのグラウンドで躍動する。

 ◆森 敬斗(もり・けいと)2002年1月28日、静岡市生まれ。17歳。桐蔭学園では1年夏からベンチ入りし、今年のセンバツに出場。高校日本代表では「1番・中堅」。50メートル走5秒8。遠投120メートル。175センチ、75キロ。右投左打。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請