連覇狙う青学大、連勝狙う国学院大、出雲3位の東洋大いずれもエースを補欠登録 全日本大学駅伝

名古屋市内では全日本大学駅伝の看板が設置され、大会のムードが高まっている
名古屋市内では全日本大学駅伝の看板が設置され、大会のムードが高まっている

 学生3大駅伝の第2戦、全日本大学駅伝(11月3日、名古屋市~三重・伊勢市=8区間106・8キロ)の区間登録が31日、締め切られた。大会連覇と目指す青学大、学生3大駅伝開幕戦の出雲駅伝(10月14日、島根・出雲市)に続いて連勝を狙う国学院大、出雲駅伝2位の駒大、同3位の東洋大、同4位の東海大が“5強”として激しい優勝争いを展開しそうだ。

 全日本大学駅伝は昨年から区間割りが大きく変更された。8区間と106・8キロの総距離は従来と同じだが、最終8区を除いて7区間が大きく変わった。1区が最短の9・5キロ。2区から6区まで11・1キロ~12・8キロのスピード区間が続き、7区が17・6キロ、8区が従来通り最長の19・7キロとロング区間となった。「先手必勝」が駅伝の定石だが、終盤2区間の距離が全体の35%を占めるため、各監督が区間配置に頭を悩ませている。各校は31日まで8区間と補欠5人を登録し、大会当日朝に3人以内の補欠選手を任意の区間に投入できる(区間登録された選手の区間変更は認められない)。

 前回、エースの森田歩希(23)=現GMOアスリーツ=を当日変更で7区に投入し、逆転優勝に成功した青学大の原晋監督(52)も「区間配置は非常に難しい」と率直に話す。今回も主将の鈴木塁人(4年)、昨季の学生3大駅伝すべて区間賞を獲得したエースの吉田圭太(3年)を補に欠登録し、活路を見いだす。

 出雲路を制し、一躍、学生駅伝界の中心に躍り出た国学院大も昨季の箱根駅伝5区区間賞の浦野雄平(4年)を補欠に登録。出雲駅伝3位の東洋大も学生NO1ランナーの相沢晃(4年)を補欠に温存した。ライバル校の動向を見極めて、大会当日にポイント区間に投入することになりそうだ。

 前年覇者の青学大の区間登録、補欠登録の選手は以下の通り。

▽1区(9・5キロ) 湯原慶吾(2年)

▽2区(11・1キロ) 岸本大紀(1年)

▽3区(11・9キロ) 神林勇太(3年)

▽4区(11・8キロ) 松葉慶太(3年)

▽5区(12・4キロ) 中村唯翔(1年)

▽6区(12・8キロ) 中村友哉(4年)

▽7区(17・6キロ) 竹石尚人(4年)

▽8区(19・7キロ) 飯田貴之(2年)

▽補欠 鈴木塁人(4年)、吉田祐也(4年)、生方敦也(4年)、吉田圭太(3年)、大沢佑介(1年)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請