馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 京都

来週の新馬といえば(栗東)

 こんにちは、山本です。今日も栗東からのパッチパチ。ではでは、行ってみましょうか♪

 さて、今週から栗東は午前7時に調教開始。起きる時間が早くなるのかと言えば、そうでもありません。歳をとったせいか、5時前後には目が覚めてしまう。しかも、昨日はS社のHさん、Kクンと夕食→Kクンと二次会という、いつものパターンで、そのまま寝てしまい、翌日の取材の仕込み午前3時にアラームをセット。わずかばかりの頭痛を感じつつ、仕事をしていたのです。

 その中で目に飛び込んできたのが沖縄・首里城の火災。驚きました。行ったことのない場所ですが、映像や画像で何度も見ていますし、これだけの名所が真っ暗な中、燃えている画面は非常に衝撃的。数年前の熊本城といい、復元作業というのは非常に大変なこと。いつになるか分かりませんが、あの勇壮な雰囲気がよみがえる日を信じて、その時は生で見に行きたいものです。

 ということで、そろそろ本題へ。今日も栗東でのナマ情報を中心にお伝えしましょう。

 まずは宮厩舎から。母に重賞ホースを持つ【マイネルアイガテ(牡、父スクリーンヒーロー、母マイネボヌール)】は来週の京都芝1800メートルを予定しています。兄のマイネルウィルトスも宮厩舎にいましたね。「兄より体はひと回り大きい感じ。動きは徐々に良くなっているし、能力はありそうですよ。距離は長い方がいいと思う」と増井助手。手応えを感じているような雰囲気でした。また、ディープ産駒の【ウィズダイヤモンズ(牝、父ディープインパクト、母コスモルーシー)】はゲート試験には合格。「もうちょっと体力をつけてからだけど、いい跳びをしていると思います」と話していました。

 この京都芝1800メートルでの新馬といえば、矢作厩舎の【キングオブドラゴン(牡、父ハーツクライ、母ベガスナイト)】です。まぁ、色々とここまであった馬ですが、先週のデビュー予定を延期させたことも結果的にプラスに働きそう。「やるごとに良くなってきた。馬自体はすごくいいからね」と矢作調教師は話します。先週の新馬で2着だった【ダノンファラオ(牡、父American Phararoah)】は来週、中1週で続戦予定とのこと。そうそう、ムーアJとのコンビで東京スポーツ杯2歳Sに出走する【コントレイル(牡、父ディープインパクト)】は本日、栗東に戻ってきたようです。

 再び京都芝1800メートルといえば、藤岡厩舎の【グランデマーレ(牡、父ロードカナロア、母グランデアモーレ)】も出走予定です。鞍上は藤岡佑J。この馬も夏に出走予定がありましたが、色々と延びて、秋の初陣となりました。「夏にもデビューできたぐらいだし、その頃から動きはよかったから。順調ですよ」と藤岡調教師は期待しています。その翌週の東京マイルにルメールJで出走する【ルーツドール(牝、父ハーツクライ、母リュヌドール)】も「マイルより長くても大丈夫だけど、やはり牝馬だからマイルからね。持ってるモノは間違いなくある」とフィエールマンの妹にも力が入っていました。

 来週の新馬といえば、9日の東京の芝1400メートルに安田隆厩舎の【ユアソーラ(牡、父キンシャサノキセキ、母ヴィリエルバクル)】が出走します。鞍上はルメールJ。坂路ではいい時計が出ていますが、「悪くはないと思いますが、もう少し、追ってピリッとしたところが出てほしい」と安田隆調教師。ただ、時計は水準以上のモノですし、もともと、デビュー前の2歳には慎重なトレーナー。これは高いレベルで見た話だと思います。小倉2歳Sを狙いたいという青写真を利いてから、約半年ほど経ってのデビュー戦ですが、「距離は千四ぐらいまではもってほしいです」とのこと。どんな走りを見せてくれるのか。

 来週の東京の新馬といえば、同じレースに高橋亮厩舎の【メイショウホルダー(牡、父ヴィクトワールピサ、母アイカギ)】も出走します。鞍上は福永J。「結構、切れ味がありそうなタイプです。新馬から面白そうですよ」と喜多助手。こちらはユアソーラの強敵候補になるかもしれませんね。

 ということで、今日はここまで。また、明日です。ではでは

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請