伊藤英明、僧侶&救命救急医役に挑戦…TBS系ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」

来年1月スタートのTBS系ドラマに主演する伊藤英明
来年1月スタートのTBS系ドラマに主演する伊藤英明

 俳優の伊藤英明(44)が、来年1月スタートのTBS系連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」(金曜・後10時)に主演することになった。

 こやす珠世氏の同名漫画が原作で、僧侶でありながら救命救急医としても働く主人公・松本(伊藤)の奮闘を描く。伊藤は「患者に寄り添い生きていく、また、死んでいく手助けとして、得度した医師という存在に何が出来るのかと日々葛藤する姿に、今そこで起こっているかの様な現実味を感じ、大変興味をそそられました」と語る。

 同僚の救命女医・三宅を中谷美紀(43)が、松本と対立する心臓血管外科医・濱田をムロツヨシ(43)が、濱田のもとで働く新米心臓血管外科医・児嶋を松本穂香(22)が演じる。伊藤と中谷、ムロは同い年で、今作で初共演となる。中谷は「伊藤さんは漢と書いて『おとこ』と読むに相応しい印象がありますが、松本の生真面目さと不完全さをどのように演じ分けて下さるのか楽しみ」と語った。

 「患者の身体を医師の立場で、そして患者の心を僧侶の立場で救いたいという願いを持ち、またその中で自らの生き方をも模索する、そんな『生きる』という事に一生懸命な人間を観てもらえれば」と伊藤は意欲。医療の描写に加え、読経シーンにも注目が集まりそうだ。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請