【札幌】ジェイが残留へ…Aロペスも残留確定的、ルーカスフェルナンデスは完全移籍の見通し

紅白戦で前線へパスを出す札幌FWジェイ(左)
紅白戦で前線へパスを出す札幌FWジェイ(左)

 J1北海道コンサドーレ札幌FWジェイ(37)が、来季も赤黒のユニホームを着てプレーする。チーム最年長のジェイに対し、クラブが契約延長オファーを出していることが30日、分かった。今季はチーム2番目の8得点を記録。年齢面の不安も感じさせない働きから、来季も攻撃の核として欠かせない戦力と判断した。交渉経過は順調で、札幌で4年目のシーズンを迎える方向だ。

 昨オフ、クラブはジェイに対して年俸ダウンを提示したが、来季に関してクラブ幹部は「今年は金額面でも誠意を示している」と話した。条件面で決裂する可能性は低く、何より同幹部は「能力的に必要な選手」と高く評価し、早い段階からジェイ側と話し合ってきた。ジェイ自身も札幌への思い入れは強く、190センチのポストプレーヤーが2020年も攻撃の核を務める事は確実な状況といえる。

 また今季完全移籍で加入し、チーム最多タイの9ゴールを挙げるブラジル人FWアンデルソンロペス(26)は、残留が確定的。今年ブラジル1部・フルミネンセから期限付き移籍し、卓越したスピードからのドリブルを武器に右サイドやシャドーで起用されるMFルーカスフェルナンデス(25)については「日本での1年目ながら素晴らしい働きをしてくれたので」(同幹部)と、完全移籍での獲得交渉を既に開始。話し合いは順調に進んでいる。

 今季はクラブ初のルヴァン杯準優勝という好成績を残した札幌。偉業に貢献した攻撃の主軸3人の残留は、来季の更なる躍進へ大きな強みとなる。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請