大阪柴島・茨木ナニワ・大阪都島合同、4回コールド勝ち!…第8回関西キッズドリーム大会

決勝へ早くも闘志全開の大阪柴島・茨木ナニワ・大阪都島合同ナイン
決勝へ早くも闘志全開の大阪柴島・茨木ナニワ・大阪都島合同ナイン

◆報知旗・アシックス杯争奪 第8回関西キッズドリーム大会 ◇小学生ジュニアの部▽準決勝 大阪柴島・茨木ナニワ・大阪都島合同ボーイズ(大阪北)10―1堺中央ボーイズ=4回コールド(26日・久宝寺球場ほか)

 「報知旗・アシックス杯争奪 第8回関西キッズドリーム大会」の準決勝が26日行われ、大阪柴島・茨木ナニワ・大阪都島合同ボーイズ(大阪北支部)は堺中央ボーイズ(大阪阪南支部)に4回コールド勝ちを決めた。大阪北支部同士となった決勝は11月4日、花園セントラルスタジアムで行われる。

 ガッチリとスクラムを組んだ大阪柴島・茨木ナニワ・大阪都島合同が、強さを見せつけた。

 打線は初回から躍動した。2死から先発投手の西川が死球で出塁するとすかさず二盗。この好機に、4番・長町が中越えへ先制二塁打を放った。捕手として“相棒”を助ける一打に「絶対、先制したかった。日頃の練習の成果を出し、投手を助けたかった」と胸を張った。

 同点に追いつかれた直後の2回には、無死一、二塁から下岡が中堅へ勝ち越しの二塁打。「打って、チームの役に立ちたいと思っていた。チャンスがきたので、思い切り振った」。バッテリーの活躍に応え、試合の主導権を取り戻すタイムリーにこちらも誇らしげだった。

 勢いづいた3回に、合同チームとは思えない一丸の攻めで試合を決めた。この回の先頭打者・長町から大原まで、四球や敵失で6者連続出塁。この間に7盗塁と走りまくり4点を奪った。さらに無死二、三塁から山下が「絶対打ってやろう」と左翼へ2点三塁打を放った。

 投げても4回を1安打1失点(自責0)と4回コールド勝ちに貢献した西川は「四死球を出さないように真ん中を狙って投球した。次の決勝戦も絶対勝ちたい」と気合。東堂監督も「みんなが持てる力を発揮すれば優勝もできる」と言葉に力を込めた。3チームがONE TEAMとなり、頂点を目指す。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請