杉咲花がNHK連続テレビ小説「おちょやん」のヒロインに決定

2020年度後期連続テレビ小説「おちょやん」のヒロインに決まった杉咲花
2020年度後期連続テレビ小説「おちょやん」のヒロインに決まった杉咲花

 NHKは30日、2020年度後期の連続テレビ小説「おちょやん」(来年秋スタート、月~金曜)のヒロインが女優・杉咲花(22)に決定したと発表した。103作目の朝ドラで、上方女優の代名詞といえる「大阪のお母さん」として親しまれてきた女優・浪花千栄子(なにわ・ちえこ)さんをモデルに、松竹新喜劇の前身である松竹家庭劇の喜劇女優・竹井千代を演じる。この日、会見に出席した杉咲は「毎朝ドラマを見て、パワフルに突き進んでいく姿に勇気や元気をもらえるようなヒロインを演じられるように頑張りたいなと思います」と意気込んだ。

 白のワンピースで、はにかみながら登壇した杉咲は現在、大阪弁を勉強中。「(大阪弁は)想像以上に難しそうだなというのを実感しているところで、クランクインするまでにマスターできるように頑張りたいです。好きな大阪弁は『おはようさん』です」とはにかんだ。また、モデルの浪花さんの二代目・渋谷天外と結婚、離婚をする波乱万丈の人生に「当時出演されていたラジオを聞かせていただいているんですけど、すごく覚悟を感じられるというか、生きることに対する力強さがある。かなり山あり谷ありの人生だと感じたんですけど、前向きにポジティブにとらえながら進んで行く様子がとってもステキな方だなと感じました」と目を輝かせた。

 杉咲の朝ドラ出演は「とと姉ちゃん」(16年前期)に続き2作目。ヒロイン決定を知らされた時は「一瞬ちょっと何のことか理解できないパニックな状況があったんですけど、こんな日がきたんだと思ってすごくうれしくて、ちょっと泣いてしまいました」と照れた。

 演じるのは、大正から昭和という激動の時代を生きる喜劇女優。タイトルの「おちょやん」について櫻井壮一制作統括(49)は「大阪の古い言葉で、料亭やお茶屋さんで働く小さい女中さんを意味する言葉。ヒロインは道頓堀で9年間女中奉公の生活。女中奉公が原点で言葉のかわいらしさ、親しみやすさ、ヒロインの意地と誇りの象徴としてタイトルとさせていただいた」と説明した。撮影は来春にスタート予定。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請