【西武】秋山、海外FA宣言!侍合宿地の那覇で表明…メジャー移籍目指す

スポーツ報知
海外FAを行使し、記者会見した秋山翔吾

 西武の秋山翔吾外野手(31)が29日、侍ジャパン2次合宿地の沖縄セルラースタジアム那覇で会見を行い、海外フリーエージェント(FA)権を行使する意思を表明した。

 11月の「プレミア12」に向けた2次合宿を行っている那覇で、FA宣言に踏み切った。2次合宿2日目の練習後に会見。「私、秋山翔吾は昨日、海外フリーエージェント権の行使を球団に伝え、申請書を提出しましたことをここに報告させていただきます」と自らの口で明かした。

 今後は米大リーグへの移籍を最優先にオファーを待ち、時間をかけて決断を下すことになる。西武はすでに4年総額20億円超とみられる大型条件を提示。国内でプレーする選択をした場合に備え、楽天なども調査を進めている。

 秋山は2010年ドラフト3位で八戸大から西武入り。2015年にはプロ野球新の年間216安打を放つなど、球界屈指の安打製造機としてチームを先導してきた。首位打者1度、最多安打4度、ゴールデングラブ5度、ベストナインには3度輝くなど、走攻守そろった外野手として実績を積み重ねてきた。直近3シーズンで20本塁打以上と近年は長打力も向上。5年連続フルイニング出場中と、頑強な肉体もハードな日程のメジャーでは強みになる。

 当面は5日に初戦(ベネズエラ戦・台湾)を迎える国際大会「プレミア12」に集中するため、強化試合などが行われない練習日での行使表明を選択。まずは侍ジャパンで世界一を目指すが、来季の所属先を巡っては日米争奪戦が繰り広げられることになる。

 ◆秋山 翔吾(あきやま・しょうご) 1988年4月16日、神奈川県生まれ。31歳。横浜創学館、八戸大を経て2010年ドラフト3位で西武入団。15年にはプロ野球記録のシーズン216安打。首位打者1度、最多安打4度、ゴールデングラブ5度、ベストナイン3度。184センチ、85キロ。右投左打。今季年俸は2億3500万円(推定)。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請