理事総辞職のテコンドー協会 金原会長が逆質問「本質的にどこに問題があると思いますか?」

金原昇会長
金原昇会長

 強化方針を巡ってトップ選手との対立が続いている全日本テコンドー協会は28日、都内で臨時理事会を開き、理事の総辞職が決定した。新理事については、弁護士の境田正樹氏、井口加奈子氏、元柔道世界女王で日本オリンピック委員会理事の山口香氏、日本オリンピック委員会常務理事の友添秀則氏の外部の有識者4人が、選任する。これから理事、選手、コーチら関係者へのヒアリングを行い、1か月をメドに新理事を決定する見通し。

 早速この日、ヒアリングを受けた金原昇会長は「外部の人に検証してもらえることはうれしいこと。今後もやっていきたい。見直していかないといけない」と話した。

 報道陣からの質問に熱くなる場面もあり「逆に聞きたい。(今回は)本質的に、どこに問題があると思いますか?」。「(協会は)混乱していますか?混乱じゃないですよ」「8日の記者会見でお話したにも関わらず、まだご理解頂けない部分がある。これはみなさんにも責任ありますよ。報道としてまじめな方、報道環境をネタにする方、今回理解しました」などと話した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請