関西学生野球リーグの関大が2年ぶりの明治神宮大会出場 森翔平が1失点完投で天理大を破る

関大の森翔平
関大の森翔平
2年ぶりの明治神宮大会出場を決めて大喜びする関大の選手
2年ぶりの明治神宮大会出場を決めて大喜びする関大の選手

◆関西地区大学野球選手権 ▽第1代表決定戦 関大3―1天理大(28日・南港中央球場)

 関大(関西学生)が天理大(阪神大学)を破り、2年ぶり7度目の明治神宮大会(11月15~20日・神宮)出場を決めた。関大は、11月18日の2回戦から登場する。敗れた天理大は、29日の第2代表決定戦で大商大(関西六大学)と対戦する。

 関大は4回、坂之下晴人二塁手(2年)の中前適時打で先制。9回は上神雄三一塁手(1年)の2点三塁打で加点し、森翔平投手(4年)が7安打1失点で完投した。「神宮を一発で決められてよかった。8回までピンチでも点を与えなかった。攻める気持ちを大事に、0点にこだわりたい。1個1個勝って優勝したい」と、意気込みを示した。

 早瀬万豊監督(61)は「森が優勝を決めた(22日の)近大戦といい、今回といい、しっかり投げてくれた。森の殊勲です。ここに来て、最高の投球を2試合してくれた」と、褒めちぎった。

関大の森翔平
2年ぶりの明治神宮大会出場を決めて大喜びする関大の選手
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請