芸歴25周年落語ウィーク発表に桂春蝶「このメンバーで幸運」とライバルに感謝

落語家25周年記念ウイーク発表会見に出席した(前列左から)桂春蝶、桂吉弥、桂米紫(後列左から)桂文鹿、林家菊丸
落語家25周年記念ウイーク発表会見に出席した(前列左から)桂春蝶、桂吉弥、桂米紫(後列左から)桂文鹿、林家菊丸

 落語家の桂吉弥(48)、桂春蝶(44)ら平成6年入門の落語家が28日、「芸歴25周年記念落語ウィーク」(11月4~10日・天満天神繁昌亭)の会見を上方落語協会で行った。林家菊丸(45)は「私たち同期の25周年記念ウィークやったらどうだという話をいただき、同期9名が日替わりで出演します。20周年も繁昌亭昼席をやらせていただきました。どれぐらい成長してるか見てもらえたら」とアピールした。

 25年がたち、中堅としての責任について吉弥は「繁昌亭の中では中堅のポジションですけど、外に出て行ったらまだまだ若手。落語見たことない人も山ほどいる」と真剣。春蝶も「平成6年組ほどストイックな生き方してる人はいない。このメンバーで幸運だし、いつだって圧をかけてくれる」とライバルに感謝した。

 同期とのライバル意識について話していたが、話題が突然、確定申告に飛び、吉弥は「確定申告はしてますよ当然。僕ら家借りる時とかとりあえず出せって言われる」と告白。菊丸も「僕も1回税務署さん入ったことありますよ。襲名の時。必要経費の部分も『全部認めない』となったので『同期の誰かのやつちょっと調べて。所得がどれくらいあるか、どんな生活してるかわかりますよ』って言ったんです。一番にヒットしたんが吉弥さんで、所得みたらだいぶあるじゃないですか言われた」と笑わせた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請