デヴィ夫人、離婚協議報道の小室哲哉氏に「KEIKOさんをこれ以上侮辱しないで」

デヴィ夫人
デヴィ夫人

 タレントのデヴィ夫人(79)が28日までに自身のツイッターを更新し、昨年1月に芸能界を引退した音楽プロデューサーの小室哲哉氏(60)と、くも膜下出血で闘病中の妻・KEIKO(47)が離婚協議中であることについて私見をつづった。

 デヴィ夫人は「小室さん。ご自分が落ち目の時に励まし苦労かけ、脳梗塞にまで陥った妻KEIKOさんに良き夫のふりをして実はにんにく注射の看護師と不倫」と一部で報じられた女性看護師が自宅を訪れていることをあげ、「おまけにKEIKOさんの生活費たった8万円で済ませようとは!」と生活費の負担が少ないとした。

 続けて「1ケ月100万円のマンションに住み運転手付ベンツを乗り回す小室さん。KEIKOさんをこれ以上侮辱しないで」とつづった。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請