野田聖子議員、8歳長男の心臓手術が無事成功「本当に頑張ってくれました!」「本日、一般病棟へ」

自民党の野田聖子衆院議員
自民党の野田聖子衆院議員

 自民党の野田聖子衆院議員(59)が28日、自身のブログを更新。8歳の長男が心臓の手術を受け、無事成功したことを報告した。

 9月12日のブログで「かねてから不安を感じていた、彼の心臓の手術日が、決まりました 肺動脈閉鎖症の手術をして7年…そろそろ限界が来ました」と明かし、今月20日のブログで「明日から入院です。いよいよ、手術なのです」とつづっていた野田氏。

 この日朝に「おかげさまで」のタイトルで記事をアップし、「21日入院。種々の検査。23日右室肺動脈導管交換術、と言う手術。朝8時からはじまり、約7時間。執刀医のドクターから、4時前に手術の成功の報告いただきました」と記述。「6時前、PICU小児集中治療室にて、対面。鎮静が効いていてこんこんと眠る彼。いつものことだけど、本当に頑張ってくれました!」とつづった。

 続けて「24日から26日まで、PICU。覚醒したムスコさんは、たくさんの点滴チューブに囲まれて、ぼーっとしていました。声も出ないので、イライラしているよう。でも日に日に回復しているのが、わかりました」と息子の様子を説明。

 ブログには親子の2ショットやベッドで笑顔を浮かべる長男の写真をアップ。「そして本日、一般病棟へ移れます」と明かし、「これからはリハビリをしっかりやって、大好きな小学校へ1日も早く戻るため、親子共々、がんばります」とつづっていた。

 野田氏は米国で第三者の卵子提供を受け、2011年1月に男児を出産した。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請