中谷美紀、キャリアウーマンで輝き放つ 昨年11月の国際結婚後の心境も語る

テレビ東京系「ハル〜総合商社の女〜」に主演し、キャリアウーマンの主人公・晴を好演する中谷美紀
テレビ東京系「ハル〜総合商社の女〜」に主演し、キャリアウーマンの主人公・晴を好演する中谷美紀
主人公・晴を演じる中谷美紀(右は寺田心)
主人公・晴を演じる中谷美紀(右は寺田心)

 女優の中谷美紀(43)が、主演するテレビ東京系ドラマ「ハル~総合商社の女~」(月曜・後10時)のインタビューに応じた。同作のプロデューサーの実体験から生まれたオリジナル企画。バイタリティーあふれるキャリアウーマンの主人公・晴(はる)を好演している。28日放送の第2話を前に、今作への思い、昨年11月の結婚後の心境の変化などを語った。(加茂 伸太郎)

 画面から晴が飛び出してきたかのように、中谷の凛としたたたずまい、すがすがしい表情が印象的だ。

 演じるのは、米ニューヨークでの功績が見込まれ、大手総合商社「五木商事」にヘッドハンティングされた女性。異例の抜てきにより、精鋭ぞろいの経営企画部の部長補佐に就任したが、配属先は事なかれ主義の古い体質。シングルマザーとして10歳の息子(寺田心)を育てながら、思いも寄らぬ発想と、持ち前の前向きさでまい進する。

 役どころについて「まだまだ模索中」と言うが、「感覚的に猪突(ちょとつ)猛進してしまう性格」と分析。「ワーッと言った後に笑顔を挟んだり、しかめっ面で言い過ぎないようにしたり。真っ向から衝突しても逃げ道、抜け道を残したいと思いました。視聴者の方が見て、嫌みにならないように心がけています」

 様々な事業を手がける総合商社。第2話では、シンガポールにある病院の買収プロジェクトを精査するミッションに挑む。数百億円をかけた事業のため、社内からは難色を示されるが、張り切る晴。プロジェクトを成功に導くため、上司の和田(藤木直人)から医療法人の会長・小笠原(寺田農)の存在を紹介され、難攻不落の小笠原にアポ取りを試みる―。

 第2話の中では、彼女の真骨頂とも呼べる人間らしい部分が垣間見える。「今の時代、他人との衝突や軋轢(あつれき)、関わりすら恐れている。若い人に話を聞くと、友達と遊ぶのはオンライン上。『会わなくても十分』と言う。ビックリしましたけど、それがリアル…。でも、晴(の魅力)はネットの技術を最大限に生かしながらも、人と人との本当の意味での『つながり』を忘れていないこと」

 作品の性質上、ビジネス用語が頻繁に用いられるが、中谷は「説明ゼリフは、役者が最も苦手とする部分。堂々と噛(か)みます」と笑った。悪びれているわけでも、開き直っているわけでもない。米ハリウッド進出を果たした俳優・浅野忠信(45)の助言があった。

 「ハリウッドの俳優の方は、堂々と目の前にカンニングペーパーを置いているそうなんです。(画面に映らない)役者(の体)にペーパーを貼ったりするし、何度も間違えて、自分のリズムで言い直したり。『浅野さんは、それを見てプレッシャーを感じなくなった』とおっしゃっていた。私自身、NGを出してもあまり悲観的にならないように。『人間は間違えて当然』と思うようにしています」

 上司の和田が離婚した元夫ということも、見どころの1つ。「2人の関係性がスパイスを与えています。仕事では上司と部下。(エレベーター内や会議室など)密室では、プライベートの会話にスイッチしてしまうこともある。その使い分けが演じていて楽しいです。実際はやりづらいでしょうね。私なら異動を願い出ると思います(笑い)」

 この1年間、プライベートで大きな変化があった。昨年11月に、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団などでビオラ奏者を務めるドイツ出身のティロ・フェヒナー氏と結婚。生活の拠点をオーストリアに移した。

 「仕事と休みの日の緩急(=メリハリ)ができたし、仕事を楽しめるようになりました」と告白。「(彼は)女性が職業を持つことに関して理解があります。専業主婦で3食作って待っていたら、それをプレッシャーに感じてしまうようなタイプ。ありがたいことに、お互いに仕事に関しては踏み込まない。その距離感を大事にしています」

 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団は、11月に来日公演を控えている。表現者として刺激し合える存在。同じ時間を過ごす中で、新しい発見もあった。「素晴らしい音楽を聴くことで、お芝居をする時の声の出し方や、大きい音がいいのか、小さい音がいいのかを意識するようになりました。できているかは別として、このシーンで一拍あけた方が次のセリフが効くなとか、リズム感も意識するようになりましたね」

 来年初頭には、主演したNetflixドラマ「Followers」(蜷川実花監督)の配信が決定。待機作もあり、充実の日々が続く。「全く違う職業の、年齢も性別も国籍も異なる方々とお話しすることで、もっと多くの人たちの気持ちを代弁できるような演技を身に付けたい。人の心を扱う仕事ですから、異なる立場の方に配慮できる人間になりたいです」

 撮影も折り返しに入った。「恐らく多くの方が滅私奉公と言いますか、晴のように上司に盾突いたりできず、会社の中で自分自身を殺して生きている方が大半だと思います。そういった方々の気持ちのはけ口なようなものになれば。『晴が代弁している!』ぐらいの感覚でご覧いただけたらうれしいです」

テレビ東京系「ハル〜総合商社の女〜」に主演し、キャリアウーマンの主人公・晴を好演する中谷美紀
主人公・晴を演じる中谷美紀(右は寺田心)
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請