大東大3年連続2位 4区・秋山、過呼吸転倒もエース関谷が挽回「苦しんでつないでくれた」

◆報知新聞社後援 全日本大学女子駅伝対校選手権(27日、弘進ゴムアスリートパーク仙台~仙台市役所前市民広場=6区間38・1キロ)

 名城大が2時間4分34秒で3年連続4度目の優勝を果たした。9位でタスキを受けた2区・高松智美ムセンビ(2年)が8人抜きで首位に立つと、最長区間の5区はエース・加世田梨花(3年)が区間賞を獲得する快走を見せた。8位・関大までが来年大会のシード権を獲得した。(天候くもり、気温18度、湿度53%、北西の風1・4メートル=スタート時)

 大東大がアクシデントを乗り越え、3年連続の2位を死守した。名城大と先頭を争っていたが、4区の秋山祐妃(3年)が過呼吸に陥り、中継所手前で転倒。区間22位のブレーキで4位に後退したが、5区でエースの関谷夏希主将(4年)が「苦しんでつないでくれた分、自分が挽回したかった」と2位に押し上げた。

 最近7年間で6度目の2位。創部10年目で悲願の初優勝に届かなかったが、外園隆監督(64)は関谷がふらつく秋山を「ゆっくりでいいよ。歩いていいよ」と励まし、タスキをつないだ姿を称賛。「これこそが絆だと…。男泣きした。今回の結果でみんなが強くなったと思う」。関谷も「タスキの重みを一番感じたレースでした」と目を潤ませた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請