竹内涼真、日曜劇場初主演で「運命的な」殺人犯の息子役 来年1月期TBS系「テセウスの船」

「テセウスの船」で殺人犯の息子という難役に挑む竹内涼真
「テセウスの船」で殺人犯の息子という難役に挑む竹内涼真

 俳優の竹内涼真(26)が来年1月期のTBS系日曜劇場「テセウスの船」(日曜・後9時)に主演することが27日、発表された。殺人犯の息子を演じる。ドラマ主演は2014年のテレビ朝日系「仮面ライダードライブ」以来となる。

 17年から今年6月まで講談社「モーニング」で連載された東元俊哉氏の同名漫画が原作のタイムスリップサスペンス。警察官の父親が起こした殺人事件の謎を追う青年・田村心(竹内)は、拘置所にいる父に会う決意を固めた日に突然、事件が起こる直前の1989年(平成元年)にタイムスリップ。家族の笑顔を取り戻すため「過去を変える」というタブーに挑む。

 竹内は「26歳になって『父親と似てるな』と思う瞬間がすごく日常生活で多い。言葉の言い回し、お酒の好みとかが自然に似てきて。父親の気持ちが分かるようになってきました」と心情を役に重ね「嫌でも父親に似てしまう怖さや、自分にもその(殺人者の)血が流れているという苦しみを背負って生きていく役。父親の気持ちが分かってきた時に、この役は本当に運命的です」と、撮影を心待ちにしている。

 TBSの看板枠でもある日曜劇場では、これまでに「下町ロケット」(15年)、「陸王」(17年)、「ブラックペアン」(18年)、「下町ロケット2」(18年)で重要な役どころを演じてきた。満を持しての主演に「大変だな、きついな、という気持ちより、楽しんでみんなと良い作品を作りたいという気持ちが一番強い。自分の持っている実力で、どう楽しく皆さんに見てもらうかです」とやる気をみなぎらせる。

 来年は東京五輪イヤーとあって「ドラマの金メダルは取りたいし、みんながそこを狙っていくと思う。やるなら絶対見てほしいし、金メダルの自信はある」と胸を張った。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請