履正社が初の3季連続甲子園出場が当確 関本は準決勝で父・賢太郎氏の母校・天理と対戦

スポーツ報知
1回2死二塁、履正社・関本勇輔が先制の右前適時打

◆秋季近畿大会 ▽準々決勝 履正社10―3京都翔英=8回コールド=(27日・佐藤薬品スタジアム)

 来春の第92回センバツ高校野球大会の出場校を決めるための重要な参考資料となる秋季近畿大会の準々決勝が行われた。今夏の甲子園で初優勝した履正社(大阪2位)が、京都翔英(京都1位)を破り、同校初となる3季連続の甲子園出場が有力となった。

 履正社は初回、関本勇輔捕手(2年)の右前適時打で先制。2回は中原雄也遊撃手(2年)の適時二塁打、池田凜二塁手(2年)の左前タイムリー、小深田大地三塁手(2年)と関本の連続中前適時打、大西蓮右翼手(2年)の左前タイムリー、両井大貴左翼手(2年)の適時二塁打で6点を追加した。8回は小深田の右越え3ランでコールド勝ちを決めた。「この大会に入って調子が良かった。真っすぐ一本に絞っていた」と、小深田は高校通算26号に会心の笑みを浮かべた。

 元阪神内野手の関本賢太郎氏の長男・勇輔は、準決勝で父の母校・天理と対戦する。自身も中学時代にあこがれた学校で進学を検討したこともあったという。「お父さんから、僕の弱点を天理ベンチの上から言う」と冗談交じりに言われたことを明かした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請