【巨人】山下航、阿部の穴埋める ソフトバンク・東浜撃ち適時打

フェニックス・リーグのソフトバンク戦に出場した山下航
フェニックス・リーグのソフトバンク戦に出場した山下航

◆フェニックス・リーグ 巨人3―7ソフトバンク(26日・生目第二)

 巨人の山下航汰外野手(18)が26日、宮崎フェニックス・リーグに再合流した。ソフトバンク戦(生目第二)に「3番・一塁」でスタメン出場。2点を追う初回1死二塁、17年に最多勝を獲得した東浜から右前適時打を放った。「結果が残せたのは自信になるかな、と」と控えめに振り返った。

 当初は同リーグに参加し、22日から日本シリーズに同行したが、ベンチ入りすることなく終戦。外から大舞台の決戦を見つめた。「出たかった。ベンチにすら入れなかった。それが僕の実力なので、もっと実力をつけたい」。悔しさを胸に、再び宮崎へ乗り込んだ。

 来季は、現役引退した阿部の穴を埋めるような存在を目指す。一塁手のレギュラー候補の一人。また「左の代打枠」が空いたことでも、チャンスは増えそう。原監督からも活躍を期待されており「代打枠に入るとかではなく、レギュラーをつかむことを目指している。スタメンで出られるようにしたい」と語気を強めた。(小林 圭太)

 ◆山下 航汰(やました・こうた)2000年11月15日、大阪・柏原市生まれ。18歳。柏原小3年から野球を始め、柏原中では「羽曳野ボーイズ」に所属し、3年時にジャイアンツカップ優勝。高崎健康福祉大高崎高では1年春からベンチ入りし、同年夏から4番。17年センバツでは、2年生では史上初となる1大会2発の満塁弾。高校通算75本塁打。18年育成ドラフト1位で巨人入団。今年7月に支配下登録。176センチ、80キロ。右投左打。年俸420万円。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請