仙台大のソフトバンク育成2位・大関、3連続K締め「いい球が投げられた」

1回を無安打無失点に抑えた仙台大・大関
1回を無安打無失点に抑えた仙台大・大関

◆大学野球 明治神宮大会 東北地区代表決定戦第1日 ▽準決勝 仙台大10―0東北公益文科大=7回コールド=(26日、宮城・仙台市民球場)

 準決勝2試合が行われ、仙台大(開催連盟2位・仙台六)は、4番手で登板した大関友久投手(4年)が3者連続三振を奪う完璧な投球を見せるなど躍動。ソフトバンクから育成2位で指名された左腕の活躍もあり、仙台大が東北公益文科大(南東北)に10―0で7回コールド勝ち。東北福祉大(仙台六)は青森大(北東北)に12―1で8回コールド勝ちした。27日の決勝では東北福祉大と仙台大が対戦する。

 最後は直球で締めた。7回。4番手でマウンドに上がった仙台大・大関は先頭打者から2者連続で空振り三振に仕留めると、伊東凛太郎捕手(2年)を見逃し三振。圧巻の奪三振ショーを「いい球が投げられた」と笑顔で振り返った。

 屈辱からはい上がった。仙台六大学・秋季リーグ最終節(5~7日)で東北福祉大と優勝をかけて対戦。5日に登板した大関は、延長10回に決勝の満塁弾を被弾し敗戦投手に。チームは準優勝に終わった。

 リーグ戦後、左腕は「フォームや(体重移動などの)バランスを変えた」と投球練習を控えて調整。17日のドラフト会議でソフトバンクから育成2位で指名されたことも刺激になった。

 決勝では東北福祉大に、1勝のアドバンテージが与えられるため、明治神宮大会出場に向けては2勝が必要。「とにかく神宮に行きたい」。左腕が自信を取り戻した直球で、雪辱を狙う。(高橋 宏磁)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請