馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 京都

成長力(栗東)

 こんにちは、山本です。今日は京都競馬場からのパッチパチ。ではでは、行ってみましょうか♪

 さて、先日家の掃除をしていると、引き出しの奥から出てきたのがピンクの蛍光ペン。もう20年近く使っていなかったんですが、久々に線を引いてみると、くっきりと色が出ることに少し感動を覚えつつ、懐かしい記憶がよみがえってきました。

 学生時代。覚えておかないといけない単語に、よくラインを引くじゃないですか。今から考えると、何か勉強した感じになりやすいってだけで、記憶力が格段に上がるワケでもない。カラフルになった教科書や参考書を見ながら、ほんのちょっとだけ自己満足に浸るだけなんですけど、ホントによく使いました。あの頃の感じなら、今でも競走馬のチェックしたい前走なんかにラインを引いたりしそうなものだけど、先ほども書いたように先日が20年以上ぶりの蛍光ペン。久々に使いたくなってきた気もするけど、何か気恥ずかしい…。

 ということで、そろそろ本題へ。今日も明日の競馬を中心に見ていきましょう。まずは京都では3Rと5Rで好調、友道厩舎の2歳馬が登場。実は3Rの【ヒュッゲ(牡、父ハーツクライ)】に関しては紙面での関西限定2歳馬コラムに書いているので、ここで長々と駆けないのですが、初戦のレース前に比べると、かなり前向きなトーン。友道調教師によると、動きが良化しているようで、積極的なレース運びを思い描いていました。

 で、5Rの【フライライクバード(牡、父スクリーンヒーロー、母シングライクバード)】は動いてますよね。「まだ体は幼いけど、動かすといい走りをする。距離はもっとあってもいいぐらい」とトレーナー。「来年の菊花賞ぐらいじゃないの」と冗談っぽく話すように、初戦からバリバリというタイプじゃなさそうですが、そんな中でどういうレースをするかでしょう。

 さて、今週は何度か書いてますが、東京の新馬が熱いんです。まずは4R。梅田厩舎の【ボンボヤージ(牝、父ロードカナロア、母ディープインアスク)】が登場します。重賞2勝のファンタジストの全妹ですね。「ファンタジストほどの自信はないよ」と梅田調教師は切り出しつつ、「小さな馬で420キロぐらい。走りがすごく軽い。気性的には前向きで、おっとりしているファンタジストとは違うかな」と素質を感じています。このきょうだい、活躍馬はファンタジストだけではなく、母系自体が非常に活発。初戦から走ったとしても、驚けません。

 そして、大注目の東京5R。関西からはキタサンブラックの全弟、【エブリワンブラック(牡、父ブラックタイド、母シュガーハート)】が登場します。ここからはフェニックスM崎クン(最近はポツンM崎とも呼ばれておりますが…)の情報提供です。この馬、初入厩から実に時間をかけて、しっかりと調整を積んできました。夏前にゲートを受かったけど、まだまだ幼くて一度出して、1か月半くらい前に戻して時間をかけて乗り込んできました。「やっと出走態勢が整ったかな、という感じです。まだまだ心身ともに幼いけど、この馬なりにだいぶ良くなってきました。もちろん、中途半端には出走させられない馬ですからね。ただ、これから良くなってくるとは思います」と武幸調教師は分析します。正直、新馬向きではないというジャッジ。お兄さんとも体型が違うようで、「キタサンブラックの方が背が高く、(胴の)長さもあった印象です。こちらはカチッとまとまったタイプ」とのこと。ただ、ポテンシャルの高さは感じているようです。「持っている馬」なら兄の主戦だった武豊Jとのコンビで、天皇賞デーに派手なデビューを飾るはず。そういう場面があっても、全く驚けません。

 ここからは少しだけPOG情報。池江厩舎では今、「サトノ」の冠名がつく2頭の2歳馬がゲート練習を行っています。【サトノシャローム(牡、父ロードカナロア、母シャムロッカー)】と【サトノマッスル(牡、父ディープインパクト、母ジェニサ)】です。前者は春のPOG取材でも「ゆっくりかも」と池江調教師が話していたように、「もう少し、体力がつくまで、ゲート合格後は出すと思います」とのこと。ただ、もう一頭のサトノマッスルは何と栗東近くの吉沢ステーブルWESTに着いてから、体重が50キロも増えたそうです。「マッスルだね(笑)。以前は細かった馬に筋肉がついて、幅も出てきた」とトレーナー。ゲート後も進めるか、一度出すかは様子を見ながら、決めることになりそうです。

 では、ネット限定の「厳選馬」をどうぞ。

新潟6R・11ジョニーズララバイ(前走は致命的な出遅れで展開も全くの不向き。この距離での安定閑は高く、好戦必至)

 続いては馬券王への道 延長戦でございます。

京都2R・8メイショウノリムネ(前走は内めでスムーズなら、もっと差は詰まったはず。脚はある。流れひとつ)

京都7R・15ボンディマンシュ(調教では抜群に動く。ごちゃつきにくい外枠から一変がないか)

京都9R・8マリエラ(狙い続けてます笑。少し時計のかかる馬場で、台頭があってもいい)

東京12E・4ホウオウライジン(ここを目標に調整してきた。千四では短く、千八では長い。この距離できっかけを)

 今日はここまで、また次回です。ではでは

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請