滝沢カレン、ジャンポケ斉藤の“追っかけ”だったことを告白「鼻がいいんですよ~」

滝沢カレン
滝沢カレン

 26日放送の日本テレビ系「メレンゲの気持ち」(土曜・正午)にモデルの滝沢カレン(27)が出演。10代の頃にあるタレントの“追っかけ”をしていたことを明かした。

 番組ではカレンが“鼻フェチ”であることを紹介。「人間の鼻が好き」「犬とかと違って同じ鼻がない」「目より鼻を見る」などと独特な趣向を語った。その流れで、MCの久本雅美から「ある芸能人の“追っかけ”してたって?」と問われると、「はい、ジャングルポケットの斉藤さんです。鼻がいいんですよ~」と、お笑いトリオ「ジャングルポケット」の斉藤慎二(36)の名前を挙げた。

 「(斉藤が出演していた)渋谷の∞ホールのガラス越しに顔をくっつけて、来るんじゃないか来るんじゃないかって出待ちしてました」と具体的な“追っかけ”の様子を告白。斉藤が出演した番組のDVDは「発売日に誰よりも早く買って、サイン付きのポスターをもらっていた」ほどの筋金入りのファンだったという。

 斉藤とは、芸能界に入ってからバラエティー番組で共演。出待ちをしていた話をしたが、言い出したタイミングが番組のエンディング間際だったため、「(斉藤から)『何でこんなとこで言うんだよ~』って言われて終わってしまった」と、せっかくのネタが広がらずに終わったという。

 「大好きでした」と話したが、「今は?」と問われると「今は違います」とキッパリと言い切っていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請