【箱根予選会】日本人トップの東京国際大・伊藤「満足せずに頑張っていきたい」

日本人トップの5位でゴールした東京国際大・伊藤達彦(カメラ・竜田 卓)
日本人トップの5位でゴールした東京国際大・伊藤達彦(カメラ・竜田 卓)

◆報知新聞社後援 第96回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)予選会(26日、東京・立川市陸上自衛隊立川駐屯地スタート、国営昭和記念公園ゴール=21・0975キロ)

 全体1位でゴールしたのは、1時間1分1秒のレダマ・キサイサ(桜美林大4年)。日本人トップは1時間2分34秒で全体5位の伊藤達彦(東京国際大4年)だった。

 伊藤はゴール後、「日本人トップ狙っていたので、目標達成できたっていうのは達成できたんですけど、レース展開的にも考えられて走れたのでそこは評価してるんですけど、まだシード権のチームとかはまだ全然上のチームいますし、まだライバルとして見ている相沢(東洋大4年)とか、ナポリで負けた中村大聖(駒沢大4年)とか土方(国学院大4年)とかまだまだライバルはたくさんいますので、そのメンバーに勝てるように、満足せずに頑張っていきたいと思います」と振り返った。

 ゴール後は涙を浮かべていたが、そのことを問われると「ここまで努力してきたので、すごいそれが初めて報われたなって感じました」と安堵(あんど)の表情。「僕自身もうまく走れましたし、他の選手も表情から見ているとうまくく走れたと思うので、1位通過できているんじゃないかなと期待して(発表を)待ってたいと思います」と語った。

 予選会通過を確信する一方で、「まだまだこんなもんで満足せずに来週、全日本大学駅伝もありますし、そのあと箱根駅伝も控えていますので、それに向けてまたチーム一丸となって頑張りたいと思います」と前を見据えた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請