石川遼7位発進、ウッズに鳥肌「アドレナリンが出た」

9番、バーディーパットを外し悔しがる石川遼
9番、バーディーパットを外し悔しがる石川遼

◆日米共催 男子プロゴルフツアー ZOZOチャンピオンシップ第1日(24日・千葉・習志野CC)

 日本初開催の米ツアーが開幕。13年ぶりに日本での試合となった通算81勝のタイガー・ウッズ(43)=米国=が9バーディー、3ボギーの6アンダー64で首位発進した。左膝手術(8月)の影響で開始3連続ボギーとなったが、全選手中最多の9バーディーを量産する猛チャージ。国内初日では最多となる1万8536人の大観衆を熱狂させた。松山英樹(27)=LEXUS=は7バーディー、2ボギーの5アンダー65で1打差の3位発進。

 米国のサーフブランド「トラヴィスマシュー」のウェアに身を包んだ石川が、2年ぶりの米ツアーで「アドレナリンが出た」と68の好スコアをマークした。米では2015年10月のシュライナーズホスピタル・オープン第1Rの5位以来、4年ぶりにトップ10となる7位発進。ウッズ組の1つ後ろのため、観客の大歓声や移動でプレーへの影響も心配されたが「集中力を切らさなかった」とボギーなしで回り「風もあってタフな状況だったけど、我慢強いゴルフができた」とうなずいた。

 前日(23日)のプロアマ戦でアルバトロスを達成した18番パー5で2オンに成功すると、2パットで初バーディー。大歓声に包まれた。「僕がギャラリーだったら、タイガーしか見ないかもしれないのに。ギャラリーがグリーンもティーショットも残ってくれてうれしかった」と感謝した。

 ウッズの3連続ボギー発進は後ろの組から見ており「最初3オーバーだったのに、6アンダーで9バーディーですか? 鳥肌が立った」と感心した。だが、すぐに平然とした顔つきに戻り「『俺も』というより、ベストなチョイスをして集中する」と静かに闘志を燃やした。(宮下 京香)

ゴルフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請