ミッツ、チュート徳井の申告漏れに「1円でも手元に残したい人は無申告なんてバカなことはしない」

ミッツ・マングローブ
ミッツ・マングローブ

 女装タレントのミッツ・マングローブ(44)が24日放送のTOKYO MX「バラいろダンディ」(月~金曜・後9時)に出演し、「チュートリアル」徳井義実(44)の所得申告漏れ問題についてコメントした。

 「徳井さんは同い年で仲良し」というミッツは「44歳のおっさん、これをずぼらの一言で片づけるのは、いくらなんでもお粗末すぎる」と批判的に話を始めたが、「世の中的には、悪意があって納税を無申告のまま3年、もしくはそれ以上放置したんじゃないかとか、脱税の意思があったんじゃないかとか、言われているからこそ、これだけ問題になっているわけですけど、あたしが思うには、お金が欲しくて1円でも手元に残しておきたいっていう人は無申告なんていうバカなことはしないと思うんですよ。もっと巧妙な手口を使って、それが悪意ある脱税ってことになるわけだから。徳井さんはその悪意はなかったんだろうと信じています」と同情的な見方も示した。

 その上で「国民の3大義務の1つである納税の義務を44歳にして怠っているっていうのは、悪質と言われても致し方ないのかもしれない」と指摘した。

 徳井は、所属する吉本興業から支払われるテレビやラジオの出演料などを、本人が個人として設立した「株式会社チューリップ」を通して受け取っていたが、18年までの7年間で約1億2000万円の所得申告漏れを東京国税局から指摘されていた。また、12年から15年までの4年間で個人的な旅行や洋服代、アクセサリー代などを会社の経費として計上していたとされる。徳井はすでに納税と修正申告を済ませているという。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請