【巨人】マシソンが現役引退表明「本日をもってプロ野球生活を終えたい」

引退を発表したマシソン
引退を発表したマシソン

 巨人のスコット・マシソン投手(35)が今季限りでの「現役引退」を発表した。日本シリーズ敗退決定後、東京Dで「プロ野球生活を本日をもって終えたい。自分が描いた投球ができなくなった」と自ら表明した。来年の東京五輪まで母国のカナダ代表としプレーした後に完全にキャリアを終えるという。来日8年間で通算421登板の鉄腕が、愛するジャイアンツのユニホームを脱ぐ。

 マシソンは米国時代に右肘を2度手術。マイナー生活が長く、メジャー通算15登板1勝4敗と目立った成績は残せなかった。12年に巨人入団。課題だった制球向上に熱心に取り組むと同時に野球観が変わった。「米国では3連投もしたことがなかった。日本に来て各選手の体のケアに関する意識の高さに驚いた。毎日トレーナーがケアしてくれるのも大きい。5連投も驚かなくなった」。裏方への感謝の思いも胸に、毎年フル回転でチームを支えた。

 入団1年目のからリーグ3連覇を経験。「日本が大好き」と妻と2人の子どもと一緒に異文化になじみ、近年は「このチームは若く才能あふれる選手が多い。優勝を経験できれば自信になってもっと成長できる。もう一度、この仲間と優勝したい」と巨人愛を明かしていた。今季は昨年後半の左膝手術と難病の「エーリキア症」で出遅れ、来日最少の28登板も、5年ぶりの優勝を心から喜んでいた。

 以前から「東京五輪で引退」と描いていた通り、今季限りで巨人の選手を卒業する。14年リーグ優勝の胴上げ投手。「ありがとう慎之助」として行われた今年9月27日のDeNA戦(東京D)では、捕手を務めた阿部から指名され、来日初先発して阿部とバッテリーを組むなど思い出は尽きない。来月の世界野球プレミア12カナダ代表にも選出されていて、まずは夢の五輪に向け、母国のために最後の力を振り絞る。

 互いに尊敬し合う阿部と一緒に現役引退というのも何かの縁なのかもしれない。日本野球史に残る助っ人が完全燃焼した。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請