【巨人】岡本が日本シリーズ1号…スアレス157キロを右翼席へ

6回2死一塁、右越え2ラン本塁打を放つ岡本和真(投手はスアレス、捕手は甲斐拓也)
6回2死一塁、右越え2ラン本塁打を放つ岡本和真(投手はスアレス、捕手は甲斐拓也)

◆SMBC日本シリーズ2019 第4戦 巨人―ソフトバンク(23日・東京ドーム)

 巨人の岡本和真内野手(23)が、日本シリーズ初本塁打を放った。

 「4番・一塁」で先発出場し、3点を追う6回2死一塁で、ソフトバンクの2番手スアレスが投じた157キロ直球を強振。右翼席へと飛び込む2ランで1点差に詰め寄った。チームが3連敗の崖っぷちで迎えたこの日。「簡単に終わるわけにはいかない」と語っていた若き主砲が、意地の一発を放り込んだ。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請