【日本ハム】新任の矢野、武田コーチが就任会見

コーチ就任会見に出席した(左から)矢野謙次外野守備コーチ兼打撃コーチ補佐、栗山英樹監督、武田勝投手コーチ
コーチ就任会見に出席した(左から)矢野謙次外野守備コーチ兼打撃コーチ補佐、栗山英樹監督、武田勝投手コーチ

 日本ハムの来季1軍首脳陣に加わる、武田勝投手コーチ(41)と矢野謙次外野守備コーチ兼打撃コーチ補佐(39)が23日、千葉・鎌ケ谷の2軍施設で就任会見を行った。

 武田投手コーチは16年限りで現役引退後、日本ハムから派遣される形で17年はBC石川のヴァイスプレジデント兼総合コーチ、18年からは監督を務め、4年ぶりに日本ハムへと復帰。ブルペン担当となる見通しで「若手の子たちに私が経験したこと、そしてなによりも選手たちの意見を尊重して、勝つためにはなにが必要かということをアドバイスできるように言葉を重要視しながらやっていきたい」と意気込みを語った。

 矢野外野守備コーチ兼打撃コーチ補佐は、昨年限りで現役を引退後、チーム統括本部特命コーチとして球団が業務提携を結ぶ米大リーグ・レンジャーズへとコーチ留学。「教えるというよりは、私の場合は選手と一緒に一人の選手と一緒になって作り上げていくという意識をもってやっていきたい」と、選手に寄り添った指導を目標に掲げた。

 会見には栗山英樹監督(58)も同席。選手時代からよく知る両コーチの入閣に「『ファイターズの指導者ってこうあるべき』というのは取っ払って、いままでやってきたことを思い切りやってくれと(伝えた)。武田勝らしく、矢野謙次らしくそれに沿わなくてかまわないので、がむしゃらにやってくれと。そういうお願いだけはしました」と期待を寄せた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請