【ロッテ】ドラ5法大・福田は小・中・高・大で主将経験のリーダータイプ…将来はチームの“顔”に

ロッテがドラフト5位指名した法大・福田はバットを高く立てる独特の打撃フォームを披露
ロッテがドラフト5位指名した法大・福田はバットを高く立てる独特の打撃フォームを披露

 ロッテがドラフト5位指名した法大・福田光輝内野手(21)が23日、川崎市内の同野球部合宿所で永野チーフスカウト、下敷領担当スカウトから指名あいさつを受け、未来の「チームの顔」になることを誓った。

 小・中・高・大と全てのチームで主将を担ってきた。さらに、東淀川ボーイズでは小、中と全国大会優勝。大阪桐蔭高2年夏にも1学年上の香月(現ロッテ)とともに全国制覇を経験した華麗なる経歴を持つ。将来的にはロッテの主将候補となり得る逸材は「周りから『任されても大丈夫』と言われるような選手になれれば」と言葉に力を込めた。

 チームメートになる中村奨の背中を追いかける。「(同じ)六大学(早大)出身ですし、143試合を戦い抜ける体づくりについて聞いてみたい。プロでたくさん経験のある選手ですし、身になることは全部聞いていきたい」と“弟子入り”を希望。同じ内野を守る若手リーダーを目標に掲げた。

 3年秋のリーグ戦以降に打撃フォームを見直した。「トップを高めの位置に取って、強い打球をはじき返せるように」と、バットを高く掲げて、一本足でフルスイングする独特のフォームに改良した。通算868号の王貞治氏(現ソフトバンク球団会長)のような一本足打法で、バットの運びは日本ハム、巨人などで活躍した小笠原道大氏(現日本ハムヘッドコーチ兼打撃コーチ)をほうふつとさせる。

 永野チーフスカウトは「グラブさばきもいいし、スローイングも安定している。攻守堅実。パワーもあって振りは強いし、レギュラーを取ったら10本打てる。打率2割6分で2ケタ本塁打打てますよ」と、ポテンシャルの高さを明かした。

 「本塁打より、打率を残せるように。打率3割を安定して残せる打者になりたい」と高い目標を設定した。強いリーダーシップを秘めたHOSEIのキャプテンが、プロの世界で光り、輝く。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請