内山信二、小室哲哉氏とKEIKOの離婚協議報道で「調停人に」指名したのは

内山信二
内山信二

 22日放送のTOKYO MX「バラいろダンディ」(月~金曜・後9時)では、昨年1月に芸能界を引退した音楽プロデューサーの小室哲哉氏(60)と、くも膜下出血で闘病中の妻・KEIKO(47)が離婚協議中であることを報じた。

 週刊文春が「文春オンライン」で2人について報じ、KEIKOの所属事務所はスポーツ報知の取材に事実を認めた。

 コメンテーターのタレント・内山信二(38)は、この話題について「ご夫婦のことなので、分からない部分が多い」とした上で、「なかなな難しい(問題)。調停人とかもマーク・パンサーにやってもらうしかない。両方を知っている人に間に入ってもらうしか、解決策ってないと思う」と音楽ユニット「globe」メンバーのマーク・パンサーに2人の橋渡し役を提案した。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請