馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 京都

成長を待つ(栗東)

 こんにちは、山本です。今日は栗東からのパッチパチ、いつもより一日早いんですけどね。ではでは、行ってみましょうか。

 さて、一昨日に菊花賞が行われた京都競馬場からの栗東入り。同じような日程の記者仲間数名を乗せて、かなり車を急がせて、栗東へ向かうつもりだったのです。というのも、午後7時15分に始まるラグビーW杯の日本戦が見たかったから。しかも、同じ時間に巨人の出ている日本シリーズもやっている。スポーツ好きにはたまらない夜です。早めに着いて、お酒を飲みつつ、熱戦を見守る。そんな青写真でした。

 ところが、京都から栗東へ向かう高速道路が大渋滞。到着予定時刻が最初は午後6時50分あたりだったのに、午後8時45分と2時間近く遅い時間になっているではありませんか。結局、車内のラジオでラグビーを聞いてました(同乗者は非情にもスマホの画面で観戦…)が、正直、全くイメージがわかない…。野球は緊迫した0―0の状況が続いています。これは高速に乗ってられんとばかりに、一般道へ切り替え、何とか後半が始まる直前にトレセン近くまでたどり着き、近くのコンビニでお買い物。「この間に巨人が点取られて、日本も点取られたら最悪やな」なんて軽口を叩いていたんですが、何とその言葉通り、日本はトライされてるわ、巨人はホームランを打たれてるわと事態は大きく暗転したのです。結局、南アフリカの強さに呆れ、一方的に攻め立てられる巨人の姿を見ていただけの栗東の夜。非常に切ない一日でした。

 とはいえ、ラグビー日本代表には感謝の1か月ですよね。ということで、本題にいきますか。本日の入厩馬を見ていますと、東京スポーツ杯2歳Sで連勝を狙う池江厩舎の【アルジャンナ(牡、父ディープインパクト)】が栗東に戻ってきたようです。これから復帰戦へ向け、ピッチを上げていくと思います。そうそう、本日の栗東で先週、石坂正厩舎でオークス馬、シンハライトの妹になる【ライティア(牝、父ディープインパクト)】の名前を発見。初戦の勝ちっぷりが非常によかったですからね。で、トレーナーに今後の予定を聞くと、引き続き北村友Jでデイリー杯2歳Sへ向かうとのこと。今年のデイリー杯、なかなかいいメンバーはそろいそうですね。

 先週の未勝利を勝った加用厩舎の【エクスチェンジ(牝、父マジェスティックウォリア)】と、東京で新馬を勝った南井厩舎の【メイショウテンスイ(牡、父ダンカーク)】は東京の自己条件、オキザリス賞に向かいます。そうそう、加用厩舎といえば、もみじSを回避した【プリンスリターン(牡、父ストロングリターン)】ですが、朝日杯FSへの出走を目指します。「回避したのは賞金もあるし、大事を取っただけ。まだ時間もあるし、いい状態で出せるようにしたい」と加用調教師は話していました。

 あとは佐々木厩舎でりんどう賞4着だった【ショウリュウハル(牝、父ジャスタウェイ)】は白菊賞へ向かうとのこと。新馬Vへ導いた松岡Jとのコンビで出走します。この白菊賞、先週の京都で新馬を勝った松永昌厩舎の【レディフォリア(牝、父トゥザワールド)】も向かうようです。さらに、中京での2戦目で強い勝ち方を見せた角田厩舎の【ヒシタイザン(牡、父トーセンホマレボシ)】は来週の百日草特別に向かいます。鞍上は横山典J。あと、プラタナス賞で2着だった松永幹厩舎の【セラン(牝、父Uncle Mo)】はカトレア賞で巻き返しを狙うようです。

 さて、ここからは池添学厩舎のお話。まずは母にブエナビスタの妹を持つ【サングノーブル(牝、父ロードカナロア)】は11月9日の京都芝マイルでデビューを予定しています。「体は小さいですけど、走りが軽い。フットワークも悪くないですよ」と池添学調教師は期待しています。【ヴィルトゥオシタ(牝、父キズナ、母ヴィルジニア)】は12月7日の阪神芝1400メートル(牝馬限定)あたりを視野に入れているようです。「ヴィルジニアによく似ています。体が小さいので、もっと成長してくれれば」と話していました。

 その翌週の阪神芝2000メートルあたりを視野に入れているのが【サンテルノ(牡、父キズナ、母フォンタネリーチェ)】ですね。「牧場で筋肉痛になりましたが、今は順調に乗れています」とのことでした。あとはハープスターの下になりますかね、【ゴールドティア(牝、父キングカメハメハ)】は京都最終週の芝マイル(牝馬限定)あたりを視野に入れているとのこと。「もう一段階上がある馬だと思うので、時間をかけて、成長を促しました。しっかり動けるようになれば」と素質を買っている存在。初戦から成長した姿を見せてほしいものです。

 あと、カンナSで3着だった【メメントモリ(牡、父ダイワメジャー)】は明日、栗東に戻ってきて、田辺Jとのコンビで福島2歳Sを目指すとのこと。こちらは短距離路線ですね。さらに、先週の未勝利を勝った【アジャストザルート(牡、父ジャスタウェイ)】はデイリー杯2歳Sに向かいそう。「一戦ごとにレース内容が良くなっていますからね」と楽しみにしています。あと、血統馬といえば、シルバーステートの弟になる【シルヴェリオ(牡、父ハーツクライ)】は11月9日の京都芝2000メートルをマーフィーJで予定しています。

 ということで、今日はここまで。また明日です。ではでは

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請