清原和博氏が公開トライアウトで「監督」に就任…優秀選手を選考、新たな挑戦をサポート

清原和博氏
清原和博氏

 株式会社WorldTryoutは戦力外となった元NPB選手、高卒以上のアマ選手、米マイナーリーガーを対象に、米マイナーリーグや日本プロ野球への挑戦をサポートする「WorldTryout2019」を11月30日に神宮球場で開催。選手を選考する監督を清原和博氏(52)が務める。

 海外移籍をサポートする代理人やNPBスカウトを招いた中で、試合形式の公開トライアウトを行うもので、まずは11月7日に横浜市内で独立リーグの選手を対象とした試合形式の予選会を実施し、神宮での本選に進む選手を選出。本選では、書類選考を通過した元NPB選手やアマ選手、米3A選手が加わり、試合形式で2試合の公開トライアウトが実施される。

 この2試合を通じて、主催者側は優秀選手を選考。選ばれた選手は米マイナーなど、海外リーグへの挑戦をサポートされる。予選会での選手の選出、本選での優秀選手の選考は清原氏が務める。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請