TBS「クレイジージャーニー」「消えた天才」の打ち切りを発表

TBS
TBS

 TBSは21日、不適切な演出があった「消えた天才」(日曜・後8時)と、やらせが発覚した「クレイジージャーニー」(水曜・後11時56分)の2番組の打ち切りを発表した。同局は「不適切な手法で視聴者の皆様の信頼を損なったことを重く受け止め、番組の継続は困難と判断し、放送を終了することを決めました」としている。

 「消えた―」は当時12歳の少年がリトルリーグ全国大会で全打者三振の完全試合を達成した映像で球速を2割増しするなど、計4件の映像加工が9月に判明。「クレイジー―」では8月の放送で爬虫(はちゅう)類を捕獲する企画で、事前に準備したものをその場で発見したようにする“やらせ”が発覚。同様の企画で過去10回中7回で“やらせ”があり、両番組とも放送休止していた。

 同局が「消えた―」の全放送分、「クレイジー」の同企画のすべてを調査した結果、ともに新たな不正は認められなかったものの、番組打ち切りが決定した。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請