【阪神】井上一樹氏が1軍打撃コーチ就任会見「コミュニケーションモンスターになりたい」

就任会見で谷本球団本部長(左)と握手する阪神・井上打撃コーチ
就任会見で谷本球団本部長(左)と握手する阪神・井上打撃コーチ

 阪神は21日、井上一樹氏(48)の1軍打撃コーチ就任を発表した。背番号は99。井上新コーチは西宮市内の球団事務所で会見に臨み、「今回の就任に際してすごく悩むところもありました。特別な球団だけに『やりがい』もあるのではないのかという気持ちを持って、きょう名古屋から新幹線で来ました。責任は重いのかなと思っております」と意気込んだ。

 濃紺のスーツの新コーチは、自身の役目について「外に居たからこそ言えることもあると思いますから、そこは訴えかけながら。自分で言うのも何ですけど『コミュニケーションモンスター』になりたいなと思いますね。のし上がるためにどうしたらいいんだ、ということを、常々監督も言っていると思うんですね。それに輪を掛けて助言をする立場になりたい」と前を向いた。

 井上氏は89年ドラフト2位で中日に入団。勝負強い打撃で活躍し、09年限りで現役を引退。10年には1軍打撃コーチ、11年は2軍監督として日本一に。12、13年は再び1軍打撃コーチと、ドラゴンズ一筋の野球人生を送ってきた。矢野監督とは、中日時代の91~97年に同僚だった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請