馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 京都

【天皇賞・秋展望】アーモンドアイVSサートゥルナーリア…ロードカナロア産駒2頭が激突

天皇賞・秋の出走予定馬。*騎手は想定
天皇賞・秋の出走予定馬。*騎手は想定

 第160回天皇賞(秋)・G1が10月27日、東京競馬場の芝2000メートルの舞台で行われる。

 昨年の3冠牝馬アーモンドアイ(牝4歳、美浦・国枝栄厩舎)は、その後もジャパンC、ドバイターフでG1タイトルを積み重ねたが、前走の安田記念はスタートで出遅れ、直線も進路が狭くなる不利で3着に敗れた。それ以来の一戦だがノーザンファーム天栄から美浦に帰厩した後も順調に乗り込まれ勝負態勢は整っている。最強牝馬の呼び声高いこの馬に連敗は許されないところだ。

 古馬混合の中距離路線を歩む皐月賞馬サートゥルナーリア(牡3歳、栗東・角居勝彦厩舎)も、アーモンドアイと同じくロードカナロア産駒。デビュー6戦5勝。日本ダービー(4着)はスタートで後手を踏み、強引に追い上げたものの、直線で伸び切れなかった。前走、神戸新聞杯では皐月賞2着、ダービー3着、菊花賞3着のヴェロックスを相手にしない3馬身差の圧勝。伸び脚はすさまじかった。56キロ、兄のエピファネイアとのコンビでジャパンCを勝ったスミヨン騎手騎乗でどこまで迫るか。

 2番人気に推された安田記念はスタートのミスが最後まで響く形でシンガリ16着に敗れたダノンプレミアム(牡4歳、栗東・中内田充正厩舎)。自分の型にはまらないと、もろい面を見せたが、それまでは距離不適の日本ダービー(6着)以外パーフェクトな戦績。ステルヴィオ、ワグネリアン、リスグラシュー、インディチャンプを相手にしなかった星があり、ポテンシャルの高さは前記2頭に劣らない。

 昨年の日本ダービー馬ワグネリアン(牡4歳、栗東・友道康夫厩舎)は大阪杯3着、札幌記念4着と近走勝ち切れないが2戦2勝の東京で反撃必至だ。

 毎日王冠2着、安田記念2着と東京では崩れないアエロリット(牝5歳、美浦・菊沢隆徳厩舎)、大阪杯の勝ち馬アルアイン(牡5歳、栗東・池江泰寿厩舎)、香港クイーンエリザベス2世C優勝馬ウインブライト(牡5歳、美浦・畠山吉宏厩舎)、昨年の大阪杯Vの実力馬スワーヴリチャード(牡5歳、栗東・庄野靖志厩舎)、16年ダービー馬マカヒキ(牡6歳、栗東・友道康夫厩舎)、前走の新潟記念で2000メートルへの対応力を見せたユーキャンスマイル(牡4歳、栗東・友道康夫厩舎)は持続力を生かし台頭がある。(大上 賢一郎)

登録馬&想定騎手

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請