松本白鸚、感涙。「命続く限り」。「ラ・マンチャの男」1300回達成。単独主演での偉業

ミュージカル「ラ・マンチャの男」上演1300回を達成し、特別カーテンコールで手を振る松本白鸚(中央)
ミュージカル「ラ・マンチャの男」上演1300回を達成し、特別カーテンコールで手を振る松本白鸚(中央)

 歌舞伎俳優・松本白鸚(77)が21日、東京・帝国劇場で1969年から単独主演するミュージカル「ラ・マンチャの男」(27日まで)の通算上演回数1300回を達成し、特別カーテンコールであいさつした。

 ドン・キホーテなど複数の役を50年間演じ続け、この日も美しい旋律の劇中歌「見果てぬ夢」を深みある歌声で聴かせた白鸚。カーテンコールではスタンディングオベーションが続く中、英語版も披露。「命続く限り。苦しみを勇気に、悲しみを希望にかえて」と涙ながらに語った。

 初演は1969年4月でこの帝国劇場で幕を開けた。半世紀の間に昭和、平成、令和と元号も変わり、自身の芸名も市川染五郎、松本幸四郎、白鸚と変わった。「奇跡は起きるものでなく、起こすもの」を“座右の銘”としているが、世界的にもほとんど例がないギネス級の偉業だ。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請