【阪神】ドラ2の履正社高・井上 指名あいさつで「夢がかなう瞬間」と笑顔 目標は巨人・岡本

スポーツ報知
将来の目標「ホームラン王」を色紙にしたためた阪神ドラフト2位の履正社高・井上

 17日に行われたドラフト会議で阪神から2位指名された履正社高・井上広大外野手(18)が21日、大阪・豊中市内の同校で畑山統括スカウトらの指名あいさつを受けた。

 「やっと自分の小さい頃からのプロ野球選手という夢がかなう瞬間だなと思います」と笑みを浮かべた。目標の選手には巨人・岡本を挙げた。

 高校通算49本塁打の長距離砲。今夏の甲子園では、決勝でヤクルトから1位指名された星稜の158キロ右腕・奥川から本塁打を放つなど、4番として初の全国制覇に大きく貢献した。

 「どうしても右打者で大砲が欲しい」という矢野監督が「中心打者になっていける素材」とほれ込む逸材。1位指名された創志学園高・西とともに、将来は阪神の看板選手になることが期待されている。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請