今季で引退トンプソンの次戦は11月17日の下部リーグ開幕戦

前半、攻め込むトンプソン
前半、攻め込むトンプソン

 ラグビーW杯日本大会8強の日本代表が21日、都内で一夜明けて全員そろって会見を開いた。

 今大会で代表引退、今季限りでの現役引退を表明している38歳のロック、トンプソン ルーク(近鉄)は4大会連続出場を振り返り「疲れた」と笑顔で一言。2007年4月29日の代表デビューから12年、誰よりも体を張り続けた。「一緒に試合に出て、すごい説明難しいけど、本当に仲間、それは素晴らしい。12年前より日本ラグビーはすごい人気上げて、日本代表のプレーのレベルは上がりました。それは素晴らしい結果。楽しかった」と仲間との時間をかみしめた。

 前回大会後に代表を引退したが、妻ネリッサさんに後押しされて復帰を決意。「1年前には考えられなかった」という南アフリカとの準々決勝に38歳6か月4日で出場した。残り短い現役生活。少しのオフを挟んで11月17日のトップリーグ下部、トップチャレンジ開幕戦の清水建設戦(ヤンマーフィールド長居)で再びグラウンドに立つ。「まだ近鉄(でプレーするの)、楽しみです」。まだまだ元気な38歳は愛する大阪で雄姿を見せる。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請