安倍首相も日本代表の健闘に感動「夢のような1か月間でした」

敗戦し円陣を組む日本代表フィフティーン
敗戦し円陣を組む日本代表フィフティーン

◆ラグビーW杯 準々決勝 日本3―26南アフリカ(20日・東京スタジアム)

 南アフリカに敗れ、惜しくも4強入りを逃した日本代表に、安倍晋三首相(65)がねぎらいのメッセージを送った。試合後すぐに自身のツイッターを更新。試合前にリーチ主将を先頭に、チーム全員がそれぞれの肩を持って退場する、日本の「ONE TEAM」を象徴するシーンの写真を添付し「日本代表の皆さん、たくさんの感動をありがとう。夢のような一ヶ月間でした。堂々たるベスト8。アジアで初めて、ここ日本で開催されたワールドカップで、世界の強豪たちを相手に日本の実力を示してくれた皆さんを、大いに誇りに思います。ありがとうございました」と熱い感謝の言葉をつづった。

 自国開催となった日本代表は今大会、1次リーグでアイルランド、スコットランドと強豪を次々と破り、4連勝で初の決勝トーナメントに進出した。準々決勝では前回大会で勝利した南アフリカに敗戦となったが、日本中に空前のラグビーブームを巻き起こした。

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請