米津玄師、ラグビー日本代表ねぎらう「携わらせてもらって本当によかった。お疲れ様でした」

南アフリカに敗れ、円陣を組む日本代表フィフティーン(カメラ・中島 傑)
南アフリカに敗れ、円陣を組む日本代表フィフティーン(カメラ・中島 傑)

 W杯初の4強入りを目指した日本は、南アフリカに3―26で敗れた。試合後にはSNSに日本代表をねぎらう声が相次いでいる。

 歌手の米津玄師(28)は20日、自身のツイッターを更新。7月期に放送された、社会人ラグビー部を描いたTBS系ドラマ「ノーサイド・ゲーム」(大泉洋主演)の主題歌を歌っていたこともあり、ラグビー日本代表の快進撃をたたえた。

 「ドラマの主題歌という少し遠いところでですが、ラグビーというものに携わらせてもらって、その面白さに触れることができて本当によかったと思います。お疲れ様でした。大きな流れがまた次に続きますように」と選手をねぎらい、今後の活躍に期待を寄せた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請