【巨人】山本、決勝点につながるエラーに「悔しいです」

9回2死一、三塁、遊ゴロに終わった山本泰寛(捕手・高谷裕亮)(カメラ・生澤 英里香)
9回2死一、三塁、遊ゴロに終わった山本泰寛(捕手・高谷裕亮)(カメラ・生澤 英里香)

 ◆SMBC 日本シリーズ2019 第2戦 ソフトバンク6―3巨人(20日・福岡ヤフオクドーム

 巨人・山本が痛い守備のミスを猛省した。

 0―0の7回から、若林に代わり三塁に入った。先頭打者・デスパイネのゴロが飛んできたが、はじいて失策に。エラーで先頭打者の出塁となり、代走周東が登場で場内は大歓声に。無死一、三塁から松田宣の決勝3ランが飛び出した。

 試合後は「悔しいです。イージーだったんですけど。まだまだやるべきことはたくさんある。また頑張ります」と雪辱を誓った。

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請